上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地の契約に入る為にはローンの事前審査が通っていないといけないので、まずは書類をそろえて不動産会社の営業マンに渡します。
「大事な書類ですから送ってもらうのも心配ですし、取りに行きます」とのことで、電車で30分ほどかけてうちの近くの駅まで来てくれました。

夫の昨年分源泉徴収票・免許と健康保険証のコピー・今のマンションのローン関係の用紙・審査の申し込み用紙。
昼間にふと「マンションのローン残高証明みたいな用紙は渡しちゃうの??」と疑問に思ったので「もうすぐ近くの駅に着きます」と電話が入った時に聞いてみました。
そうしたらコピーでいいと言うので、駅と我が家の中間にあるコンビニで待ち合わせ・・・
そしてコピーして渡しました。 本当は家に上がってもらうべきなんだろうか、やっぱり。

夫は今日は仕事でした。
帰宅してから今日の話をしているうちに、ある事に気付きました。
それは・・ とっても気が重くなっているんです、自分が。そして夫も同じでした。
この土地ではハッキリと予算オーバーです。 それはわかっていて、家の方で予算を抑えていけばイケると考えていたのだけど、現実が見えてくるにつれて「この土地の予算では家への夢は見る事ができなくなる」とわかってきたんです。
話が本格化してきたからマリッジブルーみたいなものかな? とも思ったんだけどね~

夫は一晩よく考えてみる、と言いました。


スポンサーサイト

【2006/09/24 00:00】 | 土地
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
 (申し訳ありませんが宣伝のみ・コピペ・ブログ内容と無関係の
   コメントは削除させていただきます)
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。