上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと日記の日付が追いつくかな~という気がする今日この頃。
と言っても土曜日の現場見学日記が2つ3つ書けそうです(;´▽`A``

・・楽しい話と愚痴と、どっちが先がいいですか?(汗)
うーん、そりゃ楽しい話の方がいいですよねぇ
でも今日は愚痴を聞いてください。。 ごめんねぇ(´・ω・`)


     ・・ ranking ・・

ここです。
階段下のスペースを利用した電話置き場。

   0216電話スペース


   階段下電話置き場

まあ! 設計士さんが描いてくれたイラストとソックリ!!
・・と感激なところなんだけど。。


   きらきらライン


10cmの話です。 たかが、されど。
ここ、階段下を利用するということを思いついた時に設計士さんと
念入りに打ち合わせしました。

お時間のある方はこちらを読んでみてくださいね。
「階段周りの話」

棚の高さについても、扉についても確認しているんです。

で、2月7日に現場に行った時、ふと思いついて確認してみたんですね。
すると棚の位置の予定が90cmだと言われました。
・・虫が知らせたのか女の勘なのか。

その場で監督さんに 「ここ、80cmって決めてあるのでそのように
やってくださいね
」とお願いしました。
監督さん、すぐに訂正してくれて、私はしっかり確認。
ここで高さを変えて扉のサイズは大丈夫ですか?」と聞いたところ
大丈夫です」 とのこと。 ホッとしました。


   きらきらライン


そして昨日。
ここについては本当に気にしていなかったし全く信じていたんだけど
見たらなんとなく高い気がしてメジャーをあててみたんです。

すると・・棚の高さが90cm以上の所についていました。
えっ、なんで? 少し前に確認したばかりなのに・・・
ワケがわからず、他の場所に行っていた監督さんが戻るのを待ちました。


戻った監督さんに話をすると、
あの~、扉がですね・・ 一番小さいのが90cmなんですよ」 と。

だから90でやったってこと!?
そこからは・・・(汗)

設計士さんにもプランを作った時に確認してあって
1週間前にも監督さんに確認して、扉も大丈夫と言ってもらって
作られたものを見たら 90cm・・ っておかしくないですか?


現場の判断で施主の確認をとらずに変更が生じてしまうという話は
今までに先輩施主さんのブログで何度か読んだことがあります。
まさかこの時期に我が家にもソレが起きるとは(涙)


監督さんは私の言葉を聞いて棚の位置を下げることを考え始めてくれました。
でもね、この棚板・・ 階段の踏み板をカットして乗せてあるんです。
見にくいけど、赤丸のところ。 棚の分を90度に切り取ってあります。

   0214電話スペースアップ

「この踏み板は交換できないんですか?」 と聞くとそれは無理なよう。
結局、棚板の右の方を20cmくらい残して左側をカットし、80cmのところに
全幅の棚板を増やす事になりました。
つまり右から20cmほど、棚が2階建てになるわけです。
扉は既成のものをうまく加工してくれるということです。


もしかしたら結果オーライになるかもしれません。
でもこだわった部分で再三の確認をした結果がこういう事になるのは
非常に残念です。

こうして作られると 「まあしょうがない」と諦める施主って多いのかなぁ
私はずっと前から 「諦めませんよー!」というオーラを出しまくって
来たつもりなんだけど、伝わっていなかったのか・・
それともメジャーをあてると思っていないのか。
いずれにしても監督さんからお詫びの言葉はいただいたし、今回決めた
ように直してもらえばよしとするしかないですね。

あぁ。。また大工さんや左官屋さんに申し訳ないです(涙)


ちなみに、ここはただでさえ狭い空間で、打ち合わせもしっかりした所
なので私は死守しましたが・・
きちんと打ち合わせしていなくて思い込みだったところはイメージと
違ってもそのまま黙っていたりするんですよ(^^;
えーと、いつも追求する女ではないということをわかってね(汗)


例えばダイニングの勾配天井。
夫に 「板が張ってあるよ」と教えられて見てみたら  あ・・・

   0214勾配天井


私、勾配天井の部分は縦に張るんだと思ってました(;´▽`A
「横に張る」という感覚がなかったので確認もしていなくて・・
ここはもちろん言いません(汗) ← って、当たり前か。。

たくさんの決め事がある家づくり。
イメージと違ったという所が数箇所あるのはしょうがないですね。
でもこだわってちゃんと確認したところは直してもらいたいです。

家づくり中のみなさん、これからのみなさん、
図面とメジャーは必ず持参して、測れそうなところは測りましょう。
合っていればその都度安心できるし、ね。

※愚痴っておいてナンですが・・
  監督さんにはよくしていただいている部分もたくさんあって
  感謝もしているのです。
  勝手ですが厳しいコメントはご容赦いただけると
  嬉しいです(汗) <(_ _)> ごめんなさい。


事前施主検査まであと1週間。
もう何も起きないように祈るばかりです。
クリックよろしくお願いします。
  ランキングオレンジ   ありがとうございます


さっき図面を見たら、ここの高さが 「900」になっていました。
いつの間に・・・・・  恐ろし過ぎます(>_<)

設計士さん、小さな事かもしれないけど
やっちゃいけない事でしょ。。



スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ここです。
階段下のスペースを利用した電話置き場。

   0216電話スペース


   階段下電話置き場

まあ! 設計士さんが描いてくれたイラストとソックリ!!
・・と感激なところなんだけど。。


   きらきらライン


10cmの話です。 たかが、されど。
ここ、階段下を利用するということを思いついた時に設計士さんと
念入りに打ち合わせしました。

お時間のある方はこちらを読んでみてくださいね。
「階段周りの話」

棚の高さについても、扉についても確認しているんです。

で、2月7日に現場に行った時、ふと思いついて確認してみたんですね。
すると棚の位置の予定が90cmだと言われました。
・・虫が知らせたのか女の勘なのか。

その場で監督さんに 「ここ、80cmって決めてあるのでそのように
やってくださいね
」とお願いしました。
監督さん、すぐに訂正してくれて、私はしっかり確認。
ここで高さを変えて扉のサイズは大丈夫ですか?」と聞いたところ
大丈夫です」 とのこと。 ホッとしました。


   きらきらライン


そして昨日。
ここについては本当に気にしていなかったし全く信じていたんだけど
見たらなんとなく高い気がしてメジャーをあててみたんです。

すると・・棚の高さが90cm以上の所についていました。
えっ、なんで? 少し前に確認したばかりなのに・・・
ワケがわからず、他の場所に行っていた監督さんが戻るのを待ちました。


戻った監督さんに話をすると、
あの~、扉がですね・・ 一番小さいのが90cmなんですよ」 と。

だから90でやったってこと!?
そこからは・・・(汗)

設計士さんにもプランを作った時に確認してあって
1週間前にも監督さんに確認して、扉も大丈夫と言ってもらって
作られたものを見たら 90cm・・ っておかしくないですか?


現場の判断で施主の確認をとらずに変更が生じてしまうという話は
今までに先輩施主さんのブログで何度か読んだことがあります。
まさかこの時期に我が家にもソレが起きるとは(涙)


監督さんは私の言葉を聞いて棚の位置を下げることを考え始めてくれました。
でもね、この棚板・・ 階段の踏み板をカットして乗せてあるんです。
見にくいけど、赤丸のところ。 棚の分を90度に切り取ってあります。

   0214電話スペースアップ

「この踏み板は交換できないんですか?」 と聞くとそれは無理なよう。
結局、棚板の右の方を20cmくらい残して左側をカットし、80cmのところに
全幅の棚板を増やす事になりました。
つまり右から20cmほど、棚が2階建てになるわけです。
扉は既成のものをうまく加工してくれるということです。


もしかしたら結果オーライになるかもしれません。
でもこだわった部分で再三の確認をした結果がこういう事になるのは
非常に残念です。

こうして作られると 「まあしょうがない」と諦める施主って多いのかなぁ
私はずっと前から 「諦めませんよー!」というオーラを出しまくって
来たつもりなんだけど、伝わっていなかったのか・・
それともメジャーをあてると思っていないのか。
いずれにしても監督さんからお詫びの言葉はいただいたし、今回決めた
ように直してもらえばよしとするしかないですね。

あぁ。。また大工さんや左官屋さんに申し訳ないです(涙)


ちなみに、ここはただでさえ狭い空間で、打ち合わせもしっかりした所
なので私は死守しましたが・・
きちんと打ち合わせしていなくて思い込みだったところはイメージと
違ってもそのまま黙っていたりするんですよ(^^;
えーと、いつも追求する女ではないということをわかってね(汗)


例えばダイニングの勾配天井。
夫に 「板が張ってあるよ」と教えられて見てみたら  あ・・・

   0214勾配天井


私、勾配天井の部分は縦に張るんだと思ってました(;´▽`A
「横に張る」という感覚がなかったので確認もしていなくて・・
ここはもちろん言いません(汗) ← って、当たり前か。。

たくさんの決め事がある家づくり。
イメージと違ったという所が数箇所あるのはしょうがないですね。
でもこだわってちゃんと確認したところは直してもらいたいです。

家づくり中のみなさん、これからのみなさん、
図面とメジャーは必ず持参して、測れそうなところは測りましょう。
合っていればその都度安心できるし、ね。

※愚痴っておいてナンですが・・
  監督さんにはよくしていただいている部分もたくさんあって
  感謝もしているのです。
  勝手ですが厳しいコメントはご容赦いただけると
  嬉しいです(汗) <(_ _)> ごめんなさい。


事前施主検査まであと1週間。
もう何も起きないように祈るばかりです。
クリックよろしくお願いします。
  ランキングオレンジ   ありがとうございます


さっき図面を見たら、ここの高さが 「900」になっていました。
いつの間に・・・・・  恐ろし過ぎます(>_<)

設計士さん、小さな事かもしれないけど
やっちゃいけない事でしょ。。



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2008/02/17 15:18】 | 内装工事
トラックバック(0) |


Bistro Cassis
設計士さん! それはやっちゃいけない!
なぜならばっ!!!

私たちmijupiさんのブログをずっと読んでいる人たちは、みんな知っているのです。
そこが80cmになったときの話をっ!(爆)

だって、だって、そこの階段下をいかに有効利用するかっていう話は、結構もりあがりましたもん(^^;)
そのスペースに本当に電話がおけるのか?とか心配したり・・・ねえ。

mijupiさんの思い入れがあるところ、ということは、私たちもしっかり覚えているポイントなわけで、画像を見た瞬間に、「棚の位置がおかしい!」って思ったし(苦笑)。

でもでも、なんとかしてもらえるみたいでよかったですね。
部分2段も工夫次第で面白くなりそう♪


ちぃ
うわぁぁぁ…(´Д`;)
何かもうmijupiさんのブログ読んでると不安になっちゃいますよ~(´Д`;)
そんなの勝手に変更しないで欲しいです!(>△<)
絵と写真違いがすぐわかりましたよ!(>△<)
その10cmがあるとないとじゃ全然違いますよね…

しかしやっぱりアイアン手すり素敵です♪♪(*´∀`*)
アールの2つ並びも素敵~~♪

うちもありました!
けい
天井高を勝手に変えられてしまってたので、気付いたときには変更不可能でした!
mijupiさんちのTEL台、なんとかしてもらえるようで良かったね♪

なんてこった!!
yu2
読んでるだけの我々ですら、こんな気持ちなのにmijupiさんはどんな気持ちなんだろう・・・(泣)

でも この階段周り、相当やばいっすよ~^^
大小のアーチにアイアン  超~いい感じ!!
しかも、手摺は木の温もりを感じられるわけですよね~この空間はかなり贅沢!!
そしてこの階段をあの輸入照明が・・・やばいって~(^^)
ほんとはyu2もあんなのにしたかったんすよね~予算の壁が~><

・・Bistro Cassisさんへ・・
mijupi
昔の打ち合わせの話も覚えてくれているんですね!
感激です!!
ここのプランは「本当にできるのか?」って感じで自分の中でもインパクト強い打ち合わせだったので、忘れようにも忘れられないんです。
あ、自分の家だから当たり前か・・(汗)

でも、Bistro Cassisさんが画像を見てすぐわかったっていうの、すごいー!
代わりに現場見学してもらっても、しっかりチェックしてもらえそうですね(;´▽`A``

棚が2段になるところは、「有効活用」ってことで前向きに考えるしかないですね。。
あー、もっと早く確認してくれたらなぁってホント思います(>_<)

・・ちぃさんへ・・
mijupi
不安にさせてしまってごめんなさいねー・・(>_<)
こういうことが起きるのはごく少数だと思うので、そんなに不安にならないでください(^^;
でも測ったり確認したりはした方がいい かな。。

アイアン手すり、予算削減の風に負けないでよかったです(;´▽`A``
ここ、壁にして階段室になったら追加費用ゼロだったんですよねぇ
かなり揺らぎました(汗)



mijupi
・・けいさんへ・・
ええっ! 天井高ですか!?
そ、そんなことって・・・・・
変更するならどうして施主に確認なり報告なりしてくれないのか、後で「もう変えられない」って言われたらショックですよね(>_<)

このカウンター板、階段にしっかり食い込ませてあるのでもう無理かなーって思ったんだけど、なんとか落としどころが見つかったので、、まぁ よかったと思うようにします(^^;

・・yu2さんへ・・
mijupi
建築が終盤になってまだあるのかと、胃が重くなりますね(汗)
こういう事があると、「いったいどこまで施主の方から確認をとらなきゃいけないんだろう」と考えてしまいます・・
完成まで私はメジャー女と化して現場に通うかもしれません(^^;

「階段周り、相当やばい」 って読んで、最初はギクッとしました。
いい感じなんですね、よかったわ~(*´∇`*)
手すりは握るところもアイアンにすると更に予算アップだったのでこうしました。
でも握りやすいし、よかったかな~って思います(^-^)

予算の壁ってどのおうちでもありますねー(>_<)
家づくり中って宝くじ当たらないかなぁとか考え・・ 私だけか!?(汗)


なぜかわからないけど
おがっち
なぜか手違いは、ある現場に集中する傾向があります
施工会社もわかっていると思うので打ち合わせした内容ははっきり伝えて問題ないと思います

自分の経験で一番困るのは、ずっと我慢していてあるきっかけで切れること、それよりは気付いたときに即、言ってくれるほうがずっといい関係でいられます





たかさん
こだわりがあって何度も確認し合っているのにそれはないですよね。
こういうことはしっかり言うべきですよ。
私はなかなか言えない情けない奴ですけど。

他社さんはわからないんですが、わが家の場合は各担当者間の連絡がうまく取れていないということが結構ありました。
明らかに業者側の問題だろうと思えるところはきっちり対応してもらいました。

ありえない設計士だね
ピンクミンク
酷いわー
我が家は設計と大工とがグルにならないように
わざわざ自分で別発注かけたんですよ。
設計士が設計したとおりに一ミリたりとも違わないようにやってくれました。
というか設計士がきちんとやらせました。
雨樋のつけ方とか、収納など楽に楽に・・・って大工は考えるようですが
設計士がその都度修正させてました。
それが当たり前と思っていたのに
この日記読んで設計士には腹立ちますねー
ちゃんとやってくれたまえ!

・・おがっちさんへ・・
mijupi
なるほど・・
同じ会社が、色んな現場でこういうことを多発させているとしたらそれも悲しいけど、自分のところだけだとするとそれも・・・・ですね(汗)

打ち合わせと確認をしっかりしたところは余程でないと引かないつもりだし、修正可能な時点で発見するためには頻繁に現場を見に行くことも大切ですね(^^;

その都度言っていった方がいいんですね^^
う~ん、最初の頃は我慢してたかも・・・(汗)

・・たかさんへ・・
mijupi
何度確認したらいいのかとか、全て設置される時に立ち会わないと打ち合わせ通りできないのかとか、考えちゃいますねー(汗)
私も最初の頃はビックリするようなミスが起きた時もあまり言わずにきました。
今になって思うと、最初からもっとうるさい人になっていた方がよかったような気がします(^^;

1つの現場に関わる人が多ければ多いほど確認や連絡、報告を密にしてもらいたいですね。
きっちり対応してもらうまでに大変な思いもされたでしょうけど、ちゃんとやってもらえたなら良かったですね(;´▽`A

・・ピンクミンクさんへ・・
mijupi
ダイニングの勾配天井の時もいつの間にか「勾配天井」という文字がなくなっていたんですよねぇ・・(>_<)
また起きるとは思いませんでした(汗)

設計士さんと建築会社を別で、というのが良いのかなぁやっぱり・・という気が最近しています。
うちの場合は設計士さんのセンスがとても好きなので、他の色々なことがとても残念です。。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
設計士さん! それはやっちゃいけない!
なぜならばっ!!!

私たちmijupiさんのブログをずっと読んでいる人たちは、みんな知っているのです。
そこが80cmになったときの話をっ!(爆)

だって、だって、そこの階段下をいかに有効利用するかっていう話は、結構もりあがりましたもん(^^;)
そのスペースに本当に電話がおけるのか?とか心配したり・・・ねえ。

mijupiさんの思い入れがあるところ、ということは、私たちもしっかり覚えているポイントなわけで、画像を見た瞬間に、「棚の位置がおかしい!」って思ったし(苦笑)。

でもでも、なんとかしてもらえるみたいでよかったですね。
部分2段も工夫次第で面白くなりそう♪
2008/02/17(Sun) 15:45 | URL  | Bistro Cassis #1ExcCATc[ 編集]
うわぁぁぁ…(´Д`;)
何かもうmijupiさんのブログ読んでると不安になっちゃいますよ~(´Д`;)
そんなの勝手に変更しないで欲しいです!(>△<)
絵と写真違いがすぐわかりましたよ!(>△<)
その10cmがあるとないとじゃ全然違いますよね…

しかしやっぱりアイアン手すり素敵です♪♪(*´∀`*)
アールの2つ並びも素敵~~♪
2008/02/17(Sun) 17:11 | URL  | ちぃ #-[ 編集]
うちもありました!
天井高を勝手に変えられてしまってたので、気付いたときには変更不可能でした!
mijupiさんちのTEL台、なんとかしてもらえるようで良かったね♪
2008/02/17(Sun) 17:51 | URL  | けい #-[ 編集]
なんてこった!!
読んでるだけの我々ですら、こんな気持ちなのにmijupiさんはどんな気持ちなんだろう・・・(泣)

でも この階段周り、相当やばいっすよ~^^
大小のアーチにアイアン  超~いい感じ!!
しかも、手摺は木の温もりを感じられるわけですよね~この空間はかなり贅沢!!
そしてこの階段をあの輸入照明が・・・やばいって~(^^)
ほんとはyu2もあんなのにしたかったんすよね~予算の壁が~><
2008/02/17(Sun) 22:14 | URL  | yu2 #-[ 編集]
・・Bistro Cassisさんへ・・
昔の打ち合わせの話も覚えてくれているんですね!
感激です!!
ここのプランは「本当にできるのか?」って感じで自分の中でもインパクト強い打ち合わせだったので、忘れようにも忘れられないんです。
あ、自分の家だから当たり前か・・(汗)

でも、Bistro Cassisさんが画像を見てすぐわかったっていうの、すごいー!
代わりに現場見学してもらっても、しっかりチェックしてもらえそうですね(;´▽`A``

棚が2段になるところは、「有効活用」ってことで前向きに考えるしかないですね。。
あー、もっと早く確認してくれたらなぁってホント思います(>_<)
2008/02/18(Mon) 01:09 | URL  | mijupi #q7XswXQk[ 編集]
・・ちぃさんへ・・
不安にさせてしまってごめんなさいねー・・(>_<)
こういうことが起きるのはごく少数だと思うので、そんなに不安にならないでください(^^;
でも測ったり確認したりはした方がいい かな。。

アイアン手すり、予算削減の風に負けないでよかったです(;´▽`A``
ここ、壁にして階段室になったら追加費用ゼロだったんですよねぇ
かなり揺らぎました(汗)
2008/02/18(Mon) 01:13 | URL  | mijupi #q7XswXQk[ 編集]
・・けいさんへ・・
ええっ! 天井高ですか!?
そ、そんなことって・・・・・
変更するならどうして施主に確認なり報告なりしてくれないのか、後で「もう変えられない」って言われたらショックですよね(>_<)

このカウンター板、階段にしっかり食い込ませてあるのでもう無理かなーって思ったんだけど、なんとか落としどころが見つかったので、、まぁ よかったと思うようにします(^^;
2008/02/18(Mon) 01:16 | URL  | mijupi #q7XswXQk[ 編集]
・・yu2さんへ・・
建築が終盤になってまだあるのかと、胃が重くなりますね(汗)
こういう事があると、「いったいどこまで施主の方から確認をとらなきゃいけないんだろう」と考えてしまいます・・
完成まで私はメジャー女と化して現場に通うかもしれません(^^;

「階段周り、相当やばい」 って読んで、最初はギクッとしました。
いい感じなんですね、よかったわ~(*´∇`*)
手すりは握るところもアイアンにすると更に予算アップだったのでこうしました。
でも握りやすいし、よかったかな~って思います(^-^)

予算の壁ってどのおうちでもありますねー(>_<)
家づくり中って宝くじ当たらないかなぁとか考え・・ 私だけか!?(汗)
2008/02/18(Mon) 01:22 | URL  | mijupi #q7XswXQk[ 編集]
なぜかわからないけど
なぜか手違いは、ある現場に集中する傾向があります
施工会社もわかっていると思うので打ち合わせした内容ははっきり伝えて問題ないと思います

自分の経験で一番困るのは、ずっと我慢していてあるきっかけで切れること、それよりは気付いたときに即、言ってくれるほうがずっといい関係でいられます


2008/02/18(Mon) 10:25 | URL  | おがっち #-[ 編集]
こだわりがあって何度も確認し合っているのにそれはないですよね。
こういうことはしっかり言うべきですよ。
私はなかなか言えない情けない奴ですけど。

他社さんはわからないんですが、わが家の場合は各担当者間の連絡がうまく取れていないということが結構ありました。
明らかに業者側の問題だろうと思えるところはきっちり対応してもらいました。
2008/02/18(Mon) 11:31 | URL  | たかさん #qbIq4rIg[ 編集]
ありえない設計士だね
酷いわー
我が家は設計と大工とがグルにならないように
わざわざ自分で別発注かけたんですよ。
設計士が設計したとおりに一ミリたりとも違わないようにやってくれました。
というか設計士がきちんとやらせました。
雨樋のつけ方とか、収納など楽に楽に・・・って大工は考えるようですが
設計士がその都度修正させてました。
それが当たり前と思っていたのに
この日記読んで設計士には腹立ちますねー
ちゃんとやってくれたまえ!
2008/02/18(Mon) 11:48 | URL  | ピンクミンク #-[ 編集]
・・おがっちさんへ・・
なるほど・・
同じ会社が、色んな現場でこういうことを多発させているとしたらそれも悲しいけど、自分のところだけだとするとそれも・・・・ですね(汗)

打ち合わせと確認をしっかりしたところは余程でないと引かないつもりだし、修正可能な時点で発見するためには頻繁に現場を見に行くことも大切ですね(^^;

その都度言っていった方がいいんですね^^
う~ん、最初の頃は我慢してたかも・・・(汗)
2008/02/18(Mon) 21:54 | URL  | mijupi #q7XswXQk[ 編集]
・・たかさんへ・・
何度確認したらいいのかとか、全て設置される時に立ち会わないと打ち合わせ通りできないのかとか、考えちゃいますねー(汗)
私も最初の頃はビックリするようなミスが起きた時もあまり言わずにきました。
今になって思うと、最初からもっとうるさい人になっていた方がよかったような気がします(^^;

1つの現場に関わる人が多ければ多いほど確認や連絡、報告を密にしてもらいたいですね。
きっちり対応してもらうまでに大変な思いもされたでしょうけど、ちゃんとやってもらえたなら良かったですね(;´▽`A
2008/02/18(Mon) 21:57 | URL  | mijupi #q7XswXQk[ 編集]
・・ピンクミンクさんへ・・
ダイニングの勾配天井の時もいつの間にか「勾配天井」という文字がなくなっていたんですよねぇ・・(>_<)
また起きるとは思いませんでした(汗)

設計士さんと建築会社を別で、というのが良いのかなぁやっぱり・・という気が最近しています。
うちの場合は設計士さんのセンスがとても好きなので、他の色々なことがとても残念です。。
2008/02/18(Mon) 22:01 | URL  | mijupi #q7XswXQk[ 編集]
コメントを投稿
 (申し訳ありませんが宣伝のみ・コピペ・ブログ内容と無関係の
   コメントは削除させていただきます)
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。