上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜、夫と色んな話をしている時のことです。
買いたいと思っている土地のすぐ近くに小さな林があり、入ってすぐの所に石でできた「何か」が祀られているんです。
お墓なのか何なのか・・
夫婦共にそれが何なのか非常に気になる性分です。
そして夫の母親が若い頃の環境でお墓に対してかなり気にするらしく、その理由を聞いたらとても納得できたので、「早く調べてみて、もし手入れのされていないお墓だったら購入もよく検討し直そう」という事になりました。
明日は不動産会社はお休みなので明後日になったら電話して調べてもらうことに。

今日。
私のせっかちな性格からして、1日「気になるなぁ」と思いながら過ごすくらいなら自分で動いてしまえ! という事で市役所に電話してみました。
すると地図の表記がお墓ではなく別のものになっているという事が判明。 ホッ
「もっときちんとした説明は郷土資料館の方が担当ですので」ということで担当者から電話をもらう事になりました。

郷土資料館の方は色々調べてくれたのかその地の歴史のことからたくさん教えてくれて、私たちが気にしている「石でできたもの」の由来から現在はどういう世話がされているかまで細かく教えてくれました♪
村に悪いものが入って来ないように追い払うという意味で祀られているものだそうです。
しかも、その石の奥には小さな神社まであるとか。
なんだかとてもありがたい土地に住めるんじゃないかという気がしてきました・・
親にも胸を張って紹介できる土地です!

不動産会社に調べてもらったらあそこまで細かくは教えてもらえなかっただろうから、自分で聞いて本当によかったなぁと思います。
みなさんも、疑問に思うことがあったらできるだけ自分で調査して聞くようにした方がよいですよ~
私も娘がヒザの上に乗ってきたので電話を耳と肩でハサミつつシャープペンシルの取り合いをしながらの「聞き取り」でしたけど・・がんばりました(笑)



スポンサーサイト

【2006/10/18 00:00】 | 土地
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
 (申し訳ありませんが宣伝のみ・コピペ・ブログ内容と無関係の
   コメントは削除させていただきます)
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。